東日本 | KURAGE online

東日本 | KURAGE online

「 教訓 」 の情報 

物資情報共有、浸透が課題 初の「プッシュ型支援」―熊本地震5年

プッシュ型支援は東日本大震災の教訓を踏まえ制度化されたが、熊本地震では当初、支援物資の種類や数量、到着日時が市町村に伝わらなかった。

帰宅困難者対策広がる 職場に備蓄、都が注力

2011年3月11日の東日本大震災では、首都圏で鉄道が止まり、帰宅困難者が街にあふれて混乱した。この教訓から、東京都は都内の企業に対し

東日本大震災から10年 いわき語り部の会「証言集」発刊

東日本大震災の体験を通じ、記憶や教訓を次世代に伝える活動を行っている、「いわき語り部の会」(大谷慶一会長)はこのほど、会員の講話を

次の災害、犠牲者ゼロに 自らも被災、熊谷葉月さん(26) 岩手・津波伝承館で英語解説員 /群馬

県立女子大卒業後、古里の岩手県陸前高田市にある「東日本大震災津波伝承館」で英語解説員を務め、外国観光客に教訓を伝えている。友らを

社説(3/29):震災関連死/事例分析通じ防止策構築を

東日本大震災の関連死のことだ。国は事例分析を通して教訓を探り、実効性を伴う防止策を講じてほしい。 関連死は建物倒壊に伴う圧死や津波による

「がんばろう!石巻」の看板など設置 復興祈念の公園が開園

東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市の沿岸に、犠牲者を追悼して教訓を伝える大規模な公園が28日、開園しました。 続きを読む.

原発PR看板、伝承館に 「明るい未来のエネルギー」―福島

東日本大震災や東京電力福島第1原発事故の記憶や教訓を伝える「東日本大震災・原子力災害伝承館」(福島県双葉町)で24日、かつて双葉町の

明治三陸大津波 釜石・唐丹の伝承碑修復 「教訓忘れない」 /岩手

釜石市唐丹町の本郷地区にあり、東日本大震災で破損した明治三陸大津波(1896年)の伝承碑が今月、修復された。地元住民らが「教訓を

東日本大震災の教訓伝える「震災アーカイブ」閉鎖相次ぐ

東日本大震災の教訓を次の世代に伝えるため当時の資料や映像を集めてインターネット上で公開するデジタルアーカイブで、閉鎖や閉鎖を決めたもの

/11止 東日本大震災から10年 災害は忘れた頃に起こる /愛知

東日本大震災の経験と教訓を、南海トラフ地震の備えに生かす」と銘打った防災材交流シンポジウムが2020年11月、名古屋市公会堂で開催され

Copyright© 東日本 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.