東日本 | KURAGE online

東日本 | KURAGE online

「 東日本台風 」 の情報 

災害発生後の生活支援情報、ドローンでお知らせ いわき市が実証

市は東日本台風の経験を踏まえ、ドローンによる広報導入を検討。給水場所や罹災(りさい)証明書窓口案内など、被災後の情報発信に役立てる考え。

《記者コラム:双眼鏡》「現場百遍」心掛けたい

両市町を取材する上で最大のキーワードは、前年の10月に発生した東日本台風(台風19号)からの「復旧・復興」だと肝に銘じた。 … 記事全文621文字(

水害、コロナ乗り越え 大子・上小川キャンプ場、4月上旬本格再開

2019年10月に発生した台風19号(東日本台風)による久慈川の氾濫で、バンガロー3棟を残して35棟が流されるなど大きな被害を受けた大子町頃藤の「

豪雨災害は必ず来る!首都水没から命を守れ

・2019年「東日本台風」 ... 堤防が低くなっていて、2019年10月に東日本台風(台風19号)が上陸した際には、氾濫寸前まで水位が上昇。

大子町 高台移転の新庁舎建設 国庫補助金が採択

昨年の東日本台風(台風19号)で庁舎が浸水被害を受け、高台に移転する大子町役場新庁舎の建設で、国庫補助金約9760万円を受けられることが正式に

【6位】県産酒33点入賞 技術磨き進化続く

県内の一部蔵元や酒米の精米工場が昨年10月の東日本台風(台風19号)で被災した。さらに新型コロナの影響で宴会の自粛ムードが広がり、

台風被災の水郡線3月27日全線再開 茨城・袋田―常陸大子間

JR東日本は18日、昨年10月の東日本台風(台風19号)で鉄橋が流され、運休している水郡線袋田―常陸大子間(いずれも茨城県)について、

水戸・旧圷渡里地区 水害の教訓見つめ直す 伝承碑拓本や被害調査

昨年10月に発生した台風19号(東日本台風)で浸水被害を受けた水戸市渡里町の旧圷渡里地区住民らが、過去の被害や課題などを整理するなど「自助・

昨年の東日本台風で被害 浸水歴史資料、修復進む 常陸大宮市文書館

昨年の東日本台風(台風19号)の被害で水に漬かるなどした古文書や書画、写真、民具など歴史資料の修復を、常陸大宮市北塩子の市文書館が取り組ん

相馬東高にセンバツ「21世紀枠推薦」表彰状 秋季福島4強入り

相馬東は今年、秋季大会の相双支部大会で創部以来の初優勝を果たし、県大会でも4強入りした。9年前の東日本大震災や昨年の東日本台風で校舎や

Copyright© 東日本 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.