東日本 | KURAGE online

東日本 | KURAGE online

「 気象庁 」 の情報 

【エルニーニョ監視速報】ラニーニャは春に終息見込み 西・東日本は低温傾向 - YouTube

気象庁が発表した最新のエルニーニョ監視速報によると、1月の南米沖・エルニーニョ監視海域の海面水温は基準値に比べて1.2℃低くなっているとのこと。

ラニーニャは春に終息見込み 西・東日本は低温傾向(エルニーニョ監視速報) - au Webポータル

気象庁は10日(木)、最新のエルニーニョ監視速報を発表しました。1月の南米沖・エルニーニョ監視海域の海面水温は基準値に比べて1.2℃低くなりました。

気象庁1か月予報 厳しい余寒 南岸低気圧の影響に注意 - ウェザーニュース

10日(木)、気象庁は2月12日から3月11日までの1か月予報を発表しました。断続的に流れ込む上空の強い寒気で西日本東日本では寒い日が多くなる予想です。

東日本を中心に夕方にかけて大雪警戒|TBS NEWS

気象庁は、東日本を中心にきょう夕方にかけて大雪となるところがあるとして、警戒を呼びかけています。 強い冬型の気圧配置により日本海側を中心に強い雪が

東日本中心に大雪警戒 強い冬型、交通障害も - 産経ニュース

気象庁によると、北日本から東日本の上空約5千メートルに氷点下36度以下の寒気が流れ込み、冬型気圧配置が強まっている。各地で雪が強く降り、着雪や雪崩にも

中部各地で降雪強まる 白川村45センチで6日も続く見込み - 中日新聞Web

気象庁は5日、東日本から西日本の日本海側を中心に6日にかけて大雪になる地域があるとして、積雪や路面凍結による交通障害に警戒を呼び掛けた...

日本海側、6日も大雪の恐れ - 西日本新聞

気象庁は5日、東日本から西日本の日本海側を中心に6日にかけて大雪になる地域があるとして、積雪や路面凍結による交通障...|西日本新聞meは、九州の

日本海側、6日も大雪の恐れ 強い冬型の気圧配置続く | 河北新報オンラインニュース / ONLINE ...

東日本太平洋側の平地でも積もる可能性があるとしている。 気象庁によると、北日本から東日本の上空約5千メートルに氷点下36度以下の寒気が流れ込んでおり、

日本海側、6日も大雪の恐れ 強い冬型の気圧配置続く - 47NEWS

気象庁は5日、東日本から西日本の日本海側を中心に6日にかけて大雪になる地域があるとして、積雪や路面凍結による交通障害に警戒を呼び掛けた。

北陸中心に大雪警戒 強い冬型、交通障害恐れ(共同通信)|熊本日日新聞社

気象庁によると、北日本から東日本の上空約5千メートル付近に氷点下36度以下の強い寒気が流れ込み、東日本の太平洋側の平地でも大雪となり、積もる場所も

Copyright© 東日本 | KURAGE online , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.